受験前日の準備と過ごし方について解説

はじめに

受験前日は多くの受験生にとって緊張の日です。試験前の準備と過ごし方について、松本先生と細井先生がアドバイスしてくれました。この記事では、受験前日の過ごし方について詳しく解説します。

 

前日の勉強量を考える

前日の勉強は、どれくらいの時間を割くべきか悩むことでしょう。重要なのは、前日の過ごし方を入試当日に合わせることです。以下は考慮すべきポイントです。

 

**逆算**

入試当日に必要な持ち物や情報は、数ヶ月前から計画的に用意しておくべきです。

**情報の絞り込み**

情報を整理し、最も間違いが多い部分に焦点を当てましょう。

**ノート作成**

必要な情報を一冊のノートにまとめることで、最も効果的な学習ツールを手に入れます。

 

移動ルートの確認

入試当日、受験会場への移動がスムーズでなければ、試験に遅刻する危険性があります。以下のポイントに注意しましょう。

**最寄りの駅へのルート確認**

基本的なことですが、最寄りの駅から会場までのルートを確認しましょう。

**地方からの受験生**

地方から来る場合、地元と異なる都市のルートを把握することが重要です。地方の感覚とは異なる場所にとっては、五反田駅のような複雑な駅も注意が必要です。

**Googleストリートビューを活用**

スマートフォンのアプリを使って、会場周辺の道路や建物を事前に確認できます。

 

宿泊の検討

入試の前日に宿泊を検討することは重要です。以下のポイントを考慮しましょう。

**1時間以上かかる場合**

交通事情が悪い場合、遅刻のリスクを避けるために前日宿泊が必要です。

**近くに宿泊施設を確保**

私立の医学部入試など、複数の試験を受ける場合は、近くの宿泊施設を検討しましょう。

 

必要な持ち物の確認

受験前日に持参するべき持ち物について、以下のアドバイスを考えましょう。

 

**受験票と必須の道具**

受験票や必須の文房具など、必要なものはしっかり用意しましょう。

**勉強ノート**

前日に必ず見るべきノートを一か月前から用意し、難しい箇所をまとめます。

**食べ物**

試験当日にエネルギーが必要です。ジェリーや糖分を補給しましょう。

**防寒具**

天候に応じて暖かい服や手袋を持参し、体温を調節できるようにしましょう。

**予備の時計**

スマートフォンの使用が制限されることを考え、予備の腕時計を持っていくことが重要です。

 

リラックスと準備

前日にはリラックスも大切です。以下のアドバイスを参考にしましょう。

 

**睡眠**

十分な睡眠を確保し、眠れない場合はジョギングなどで体力を使いましょう。

**眠剤の使用には注意**

眠剤の使用はリスクを伴うため、控えるべきです。

**感染症に備える**

風邪や感染症に注意し、体調を整えることが大切です。

 

トラブルへの備え

試験前日にはさまざまなトラブルが発生する可能性があります。以下にいくつかのポイントを挙げておきます。

 

**移動トラブル**

電車を乗り間違えるなどのトラブルを避けるため、余裕を持った行動を心がけましょう。

**天候に備える**

大雪などの天候トラブルに備えて、交通手段を考えましょう。

**感染症への注意**

風邪やインフルエンザ、コロナウイルスなど感染症に気を付けましょう。

 

まとめ

受験前日の過ごし方は、試験の成功に大きな影響を与えます。計画的な準備と冷静な行動が、受験生の成功につながるでしょう。試験当日、どんな状況にも対応できるよう、しっかりと準備しましょう。頑張ってください!

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました