勉強したのにまったく覚えられていない時の対処法

みなさん、こんにちは!受験博士おじと言います。

今回は、勉強したはずなのに全然、覚えていない…という中学生に向けての記事です。

この記事では、次のお悩みを解決します

・勉強したはずなのに全然、覚えていない…と悩んでいる。
・どうすれば、学習した内容が身につけるのか?
・効率よく、学習した内容が身につく方法はないの…?

おじ。
おじ。
「勉強したはずなのに、全然身についていない!」と悩んでいる中学生がいます。
しかし、そこは冷静に自分が何でその状況に陥っているのかを考える必要があるんじゃ。そこで今回は、「勉強したのにまったく覚えられていない時の対処法」を徹底解説するぞぉ!
スポンサーリンク

勉強したのにまったく覚えられていない時の対処法

昨日、勉強したはずの範囲なのに、ほとんど忘れている…。

↑↑↑こんなこと考えたことありませんか?

そして、その度に「自分って、勉強の才能がないんだ…」と思ってしまっていませんか?

しかし、その認識は誤りです。

人間の脳は、自然と物事を忘れるような仕組みになっているからです。

詳しくは、下記を参考してくださいね!

【徹底解説】中学生が勉強した単元を復習する理由とは
高校受験もしくは、定期テストを控えている中学生からすれば、「どのタイミングで復習すればいいの…?」と悩まれているのではないでしょうか。じつは復習をしなければ、学力は一向に向上しません。つまり、どんなに効率のよい勉強法を実践しても復習しなければ何の意味もないということなんです…。そこで今回は、復習の仕方を徹底解説します!

では、なぜ勉強したはずなのに覚えていないのでしょうか?

よくある理由として、多いのが次の2つです。

・単純に、回数が足りない…。
・勉強した内容を覚えた気になってしまっている…。

↑↑↑この2点ですね。もう少し、詳しく見ていきましょう!

勉強したものが身につく方法:回数をこなす!

「勉強したはずなのに、全然覚えられていない…」と悩んでいる中学生の8割以上が、

回数が足りていない…」ということが挙げられます。

特に、英単語や漢字といった単語系の暗記に関しては、

このようなことが言えます。

ねこ太郎
ねこ太郎
じゃあ、どれくらいの回数をこなさないといけないの??
おじ。
おじ。
何回やれば、十分じゃよ?とは言い切れないんじゃよ。生徒によって、覚えられるまでの回数は大きく違うからのぉ。だから、答えは「覚えられるまで、やり込む」ということかのぉ~。ほとんどの中学生が、「まぁ、こんなもんでいいか!」って感じで、勉強を終えていることが多いのぉ~。
ねこ太郎
ねこ太郎
そっか!たしかに、雰囲気でその日の勉強を終えていること多いなぁ~。これからは、覚えられるまで、繰り返しやってから寝る!
おじ。
おじ。
その意気じゃ!
スポンサーリンク

勉強した時に、覚えた気になっている!

「勉強したはずなのに、覚えていない…!」という中学生に多い理由の2つ目は、

勉強した内容を覚えた気になってしまっている…。」ということが挙げられます。

こっちも結構多いですね。

正確に言うと、

先生から習ったその瞬間は「できるようになった!」と思っても、

自分で問題を解こうとしたときには「全く覚えられていない…」と気付くといった感じです。

ねこ太郎
ねこ太郎
たしかに、先生に教わった時、自分で1回でも解けた時は、
もうできた気になって、「完璧!」って思っちゃうね…。
おじ。
おじ。
そうじゃのぉ。だから、せっかく勉強しても、一週間後には、「また、できなくてなっている…」って感じが多いのぉ。
でも、そういう中学生にはちゃんと対策があるんじゃよ!

1週間の終わりに、テストをしよう

先述したように、先生から教わった時、もしくは1回でも解けるようになると、

私は、もう覚えた!(できるようになった!)」と考えてしまう生徒は多いですね。

しかし、1週間後には全て忘れてしまう…ということは、本当によくある話です。

そこで、おススメなのは「1週間の終わりに、テストをする」ってことです。

ねこ太郎
ねこ太郎
テストって、どうやってやるの?
おじ。
おじ。
その1週間で学習した範囲から、無作為に問題を選んで、テストをするんじゃ!
テストをすれば、「自分が覚えた気になっていても実際は、出来ていなかった…」って気づけるじゃろ?
ねこ太郎
ねこ太郎
なるほど!テストをする目的は、「自分ができる!って思い込んでいる部分が、本当にできているのか?」を確認するためなんだね!
おじ。
おじ。
そういうことじゃ!

また、テストをする際は、次の3つのことを守ってください!

テストの合格ラインは、8割以上。
(2回目以降は、7割以上を2回とったら合格!)
テストをして、合格ラインに達さなかったら、次の範囲の勉強には進まない…。
テストを実施する際は、模試や入試本番を想定して、時間を測って解く。

↑↑↑この3点ですね!

ねこ太郎
ねこ太郎
テストをやるのは、分かったけど、合格ラインが8割以上って、結構大変なんじゃない…??
おじ。
おじ。
一度は学習した範囲だから、わりとできるぞぉ?
あと、合格ラインに達さなかったら、もう一度同じ範囲の勉強をすることを忘れずにのぉ?
ねこ太郎
ねこ太郎
なんで、もう一度同じ範囲をやる必要があるの?
どんどん先に進んだほうが良くない…???
おじ。
おじ。
気持ちは分かるがのぉ~。分かっていない状態で先に進んでも、また分からなくなるだけじゃぞ?だから、そこは妥協せず、「出来るまでやり込む」ということを忘れずにのぉ??あと、制限時間を設けて解くんじゃよ??

さいごに

勉強したはずなのに、「それが、出来ていない…」となると沈みますよね?

なので、重要なのは、忘れてしまう前提で勉強することです。

そこで、今回は「回数をこなすこと」と「テストをすること」の2つに注目してみました!

この2点は、必ず実践して、自分の実力をあげていきましょうね!

今回は以上です。

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 2020年4月23日 […]

タイトルとURLをコピーしました