高校の部活動は思い出になる!と考えた理由

皆さん、こんにちは!受験博士おじ。といいます。

今回は、高校の部活動についてまとめていきますね!

この記事では、次のお悩みを解決します

高校の部活動って、どうですか?(笑)

おじ。
おじ。
高校に進学しての部活動について、知りたい中学生は多いのぉ。
そこで今回は、「高校の部活動は思い出になる!と考えた理由」を徹底解説するぞぉ!
スポンサーリンク

結論:高校の部活動は、思い出を作りやすい!

まず、個人的な見解として、学校の部活動は楽しいものだと考えています!

ねこ太郎
ねこ太郎
たしかに、辛いこととか嫌なことがったとしても、
それは、それで楽しい思い出だもんね!
おじ。
おじ。
そうじゃろ?
それに加えて、高校の部活動は思い出になるぞぉ!

理由は、中学校の時よりも「活動範囲」も「自由に使えるお金が増えるから」です!

POINT

高校の部活動は、中学校の部活動よりも思い出になりやすい!

スポンサーリンク

部活動の活動範囲が一気に広がる!

ねこ太郎
ねこ太郎
でも、なんで高校の部活動はそんなに思い出に残るの?
おじ。
おじ。
それは、仲間と色々な場所に行く機会が出来るからじゃ!

中学校では、部活動の活動範囲が限定的ですよね…?

例えば、自分の学校のある市内であったり、県内であったりといった感じですね。

しかし、高校での部活動では、

市内や県内だけでなく、他県に足を運んで、部活動をする部活が結構あります!

特に、運動部であれば、

インターハイを目指して、他県の強豪と合同練習をするという部活動もありますからね!

ねこ太郎
ねこ太郎
そうなんだ!
なら、自分の実力を鍛えたい人は、
他県の強い人と練習ができて凄くいいね!
おじ。
おじ。
そういうことじゃ!

また、他県の高校と交流がある部活動は、「合宿」があることもあります!

つまり、

部活動の仲間と色々な場所に行く機会が増え、

また「合宿」を通して、ひとつ屋根の下、

仲間と過ごす機会が増えることからも、高校の部活動は思い出に残りやすいでしょう!

POINT

高校の部活動では、県をまたいで部活動をする機会があり、仲間との仲を深めやすい!!

自由に使えるお金が増える!

また、高校に進学してからは、多くの中学生が、「おこづかい」をもらえると思います!

おそらく、高校に進学してからは、

中学生の時には、おこづかいがもらえなかったとしても、

高校に進学してからもらえる学生が増えると思います!

ねこ太郎
ねこ太郎
たしかに、高校は自宅からも距離があることもあるし、
多少のお金は必要だよね!
おじ。
おじ。
そうじゃ!
それに、高校生からはバイトをしてもいいからのぉ!
稼いで得たお金は、友達と遊ぶお金にできるじゃろ!

そのため、

中学生の時には、できなかった「お金を使った遊び」もできるようになってきます!

そのため、例えば学校終わりに、

部活動の友達と何かを食べたり、

ゲームセンターに行ったりなど、学校外で遊ぶ機会が格段に増えるようになります!

つまり、そういった観点からも、部活動の仲間との思い出作りもしやすくなるでしょう!

POINT

高校に進学してからは、
自由に使えるお金が増え、そのお金を元手に部活動の仲間との思い出を作りやすい!

さいごに

高校選びをする時に、「部活動」を志望動機にする学生も多くいます!

つまり、それほど「部活動」は魅力的だということが分かりますね!

そして、中学校の部活動と高校での部活動はひと味違います!

ぜひ、高校選びをする時の参考にしてくださいね!

今回は以上です。

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました