【暗記物をする時の鬼の鉄則】を徹底解説しました!

皆さん、こんにちは!受験博士おじ。と言います。

今回は、暗記物を勉強する時の「鬼の鉄則5つ」をご紹介します!

この記事では、次のお悩みを解決します

・暗記物が、どうしても覚えられない…。
・暗記物って、どうやって覚えればいいの…???
・暗記物を覚えるときのコツってありますか?

おじ。
おじ。
「暗記物を制する者は、受験を制する!」と言っても過言はないぞぉ!
そこで今回は、「【暗記物をする時の鬼の鉄則】を徹底解説しました!」を徹底解説するぞぉ!
スポンサーリンク

結論:暗記物をする時の鬼の鉄則は、たったの5つ!

「暗記物が苦手…。」という声は、今まで本当に多く聞いてきました。

ただ実際、「暗記物が苦手…」という生徒を見てみると、

その生徒の頭が悪いからではなく、勉強の仕方が悪いことが多いです。

具体的には、次のような勉強法を実践していることが多いです。

暗記物が苦手な生徒の勉強法

① 暗記物の勉強時間が、かなり短い…。
② 1、2回繰り返して、終わっている…。
③ あいまいに覚えている物が多い…。

おじ。
おじ。
↑↑↑この3点は、本当に多いのぉ。

そこで今回は、どの科目・どの単元を勉強するにしても、

応用できる、【暗記物をする時の鬼の鉄則】を5つご紹介していきます!

では早速ですが、結論として、次の5つが【暗記物をする時の鬼の鉄則】になっています。

【暗記物をする時の鬼の鉄則】

① 必ず、暗記物を覚えるための「勉強時間」を確保する!
② 「覚えているもの」「覚えられていないもの」を分ける!
③ 覚えられるまで、何度も同じ範囲を繰り返し学習する!
④ 暗記物の仕上げとして、最後は「セルフテスト」をする!
⑤ テストの結果は、かなり厳格にする!

おじ。
おじ。
↑↑↑この5つが、【暗記物をする時の鬼の鉄則】じゃ!
スポンサーリンク

必ず、暗記物を覚えるための「勉強時間」を確保する!

【暗記物をする時の鬼の鉄則】の1つ目が、

必ず、暗記物を覚えるための「勉強時間」を確保する!」ということです。

じつは、「暗記物が苦手…」という生徒ほど、

暗記物を勉強するのに、勉強時間を確保していないことが多いです…。

それこそ、「『隙間時間』や『勉強の休憩時間』に、ちょっとやるくらい」といった感じです。

もちろん、そういった時間を有効活用できているので、それは大事なことです。

しかし、それだけの時間で暗記物を覚えようとすると、

一日のトータルの時間が、「15分~30分くらい」になってしまう生徒までいます。

ねこ太郎
ねこ太郎
それだけの時間で、
暗記物を覚えようとするとのは厳しいよね。
おじ。
おじ。
そうじゃな。それこそ、他の科目を勉強するように、
「1時間~2時間くらい」は、暗記物を覚えるためだけに回してほしいものじゃ。
POINT

【暗記物をする時の鬼の鉄則】
×)苦手な生徒ほど、暗記物を覚える時間が少ない…。
〇) 暗記物が得意な生徒ほど、暗記物を覚える時間を最低1~2時間は取っている!

「覚えているもの」「覚えられていないもの」を分ける!

【暗記物をする時の鬼の鉄則】の2つ目が、

『覚えているもの』『覚えられていないもの』を分ける!」ということです。

おじ。
おじ。
これができるのか、できないのか、
が暗記物を得意にするための分かれ道じゃ!

暗記物を覚えるときは、

覚えているもの」「覚えられていないもの」を明確に分け、

「覚えられていないもの」に、どれほど時間を費やせるのか?が重要になってきます!

ねこ太郎
ねこ太郎
覚えているものだけを、繰り返しても仕方ないもんね!

また、その際は、

覚えられていないものには「印をつける!」ということを忘れないようにしましょう!

例えば、覚えられていない単語には、

/(スラッシュ)」を入れたり、「付箋」をつけたり、といった感じです。

(印をつけるのであれば、どういう風に、付けようとかまいません!)

POINT

【暗記物をする時の鬼の鉄則】
① 覚えられていないものには、必ず「印」をつける!
② 「覚えているもの」「覚えられていないもの」に分ける!
③ 「覚えられていないもの」に勉強時間を費やす!

覚えられるまで、何度も同じ範囲を繰り返し学習する!

【暗記物をする時の鬼の鉄則】の3つ目が、

覚えられるまで、何度も同じ範囲を繰り返し学習する!」ということです。

これも暗記物を覚えるときには、かなり大切な考え方になってきます。

なぜなら、多くの中学生が、「覚えられるまで、何度も繰り返さない…。」からです。

ねこ太郎
ねこ太郎
じゃあ、何回くらい繰り返せばいいの?
おじ。
おじ。
生徒によって、
覚えられるまでの回数は違うから一概には言えないのぉ。
でも、暗記物が強い生徒ほど、
「最低、5~6回」はやっている印象があるのぉ。
POINT

【暗記物をする時の鬼の鉄則】
×)覚えてないないのに、あいまいなまま終わらせている。
〇)暗記物が強い生徒ほど、覚えられるまで繰り返す!(最低、5~6回はやっている印象)

暗記物の仕上げとして、最後は「セルフテスト」をする!

【暗記物をする時の鬼の鉄則】の4つ目が、

暗記物の仕上げとして、最後は『テスト』をする!」ということです。

今までは、暗記物を勉強する時の考え方やコツについてまとめてきましたね!

そして、ココからは「完成度を確認する!」という段階になってきます。

じつは、暗記が苦手な生徒ほど「完成度が低い状態」にあります

「完成度が低い状態」とは具体的に、

うる覚えが多い…

あいまいな覚えている…

聞かれても、すぐに答えられない…

↑↑↑こんな状態が挙げられます。

もちろん、上記のようなままでは、入試本場でも正確に問題を解くことができませんよね?

おじ。
おじ。
入試本番では、反射的に暗記したものがでてこないと使い物にならないんじゃ!

そこでこれまで、

自分が勉強したものの完成度を測るために、「セルフテスト」を実践していきましょう!

セルフテストの詳細については、

セルフテストを実施してライバルと差をつけよう!」を参考にしてくださいね!

POINT

【暗記物をする時の鬼の鉄則】
×)暗記物が苦手な生徒ほど、完成度が低い…。
〇) 完成度を確かめるために、「セルフテスト」を実践していこう!

テストの結果は、かなり厳格にする!

【暗記物をする時の鬼の鉄則】の5つ目が、

テストの結果は、かなり厳格にする!」ということです。

先述では、

「『セルフテスト』で完成度を確認していきましょう!」とまとめました。

ですが、ただテストをしてもあまり意味がありません!

大事なのは、「合格最低ラインを超えているか?」ということです。

また、【受験博士おじ。】では、

セルフテストを実践する際の「合格最低ラインは8割」を推奨しています。

そして、この8割のラインに達していなければ、

もう一度、同じ範囲を勉強する」ということになります。

ねこ太郎
ねこ太郎
結構、厳しいね…(;^ω^)
おじ。
おじ。
でも、偏差値の高い高校の生徒ほど、
テストの結果にはかなり厳格じゃぞ…??
しかも、そういう生徒ほど、
テストをしても毎回9割以上の正答率をとってくるぞ!
POINT

【暗記物をする時の鬼の鉄則】
〇) 合格最低ライン8割に達さなければ、もう一度同じ範囲を学習する!
◎)偏差値の高い高校の生徒ほど、セルフテストでは9割以上の正答率を取ってくる!

さいごに

今回は、「暗記物が苦手…」という生徒に向けて、

【暗記物をする時の鬼の鉄則】を5つご紹介してきました!

どうでしたか?

あなたの勉強法は、この5つの内容を忠実に行えているでしょうか…?

ですが、暗記物に関しては、

これらのことを厳格に実践してもらえれば、必ず実力になってきます!

あとは、どれほど「行動」に移せるかです。

ぜひ、「暗記物が苦手…」という中学生の皆さんは、

今回ご紹介した5つのことを実践してみてくださいね!

今回は以上です。

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました