覚えられない英単語を覚えるときのコツ【3選】

皆さん、こんにちは!受験博士おじ。といいます!

今回は、「なかなか覚えられない英単語の覚え方」についてご紹介していきます!

この記事では、次のお悩みを解決します

・覚えやすい英単語と覚えにくい英単語が、はっきり分かれる…。
・覚えにくい英単語って、どうやって覚えればいいでしょうか?
・いつも間違えてしまう英単語は、どうやって対策して勉強すればいいでしょうか?

おじ。
おじ。
誰にでも、なかなか覚えることができない英単語はあるのぉ。
そこで今回は、「覚えられない英単語を覚えるときのコツ【3選】」を徹底解説するぞぉ!
スポンサーリンク

結論:覚えられない英単語を勉強するときのコツ3選

まず、「英単語がなかなか覚えられない…」と悩んでいる中学生の皆さんは、

【完全版】中学生が1週間で英単語を1000語覚える方法」を参考にしてくださいね!

そして今回は、上記の勉強法を実践してもなお、

「なかなか英単語を覚えることができない…」という中学生向けの記事です!

では、さっそく、今回のテーマである、

なかなか覚えられない英単語がある…」場合の対象法について解説していきますね!

結論から申し上げますと、

なかなか覚えられない英単語に関しては、次の3点を実行し、勉強していきましょう!

覚えられない英単語を勉強する時のコツ

① 英単語を勉強する時間を確保しよう!
② 覚えられない英単語を何度も、繰り返す!
③ 覚えられない英単語だけは、別にまとめる!

おじ。
おじ。
↑↑↑この3点じゃな!一つずつみていくぞぉ!

英単語を勉強する時間を確保しよう!

英単語をなかなか覚えられない中学生ほど、

そもそも論、「英単語を勉強する時間を確保していない…」ということがあります。

ねこ太郎
ねこ太郎
僕も英単語を勉強する時は、
勉強している科目の合間にやっていることが多いなぁ。

英語の勉強をする時、「英単語」はなぜか軽視されてしまうんですよね…(笑)

つまり、

「英語長文を勉強する!」って、時間はしっかり設けられていても、

英単語を勉強する!」って、時間はなぜかあまり確保されていない…

そこで、覚えられない英単語を勉強する以前に、

「英単語を勉強する時間を確保する!」ということから始めていきましょう!

POINT

英単語を勉強する時間を確保しよう!

スポンサーリンク

覚えられない英単語を何度も、繰り返す!

英単語を勉強するときのコツとして、

覚えられている英単語」「覚えられていない英単語」の2種類に分けることが重要になってきます!

しかし、英単語がなかなか覚えられていない中学生ほど、

覚えられている英単語と覚えられない英単語を分けず、勉強している場合がほとんどです。

そのため、まずはその識別をすることを始めていきましょう!

詳細は、

【完全版】中学生が1週間で英単語を1000語覚える方法」を参考にしてくださいね!

そして、その識別が済んだ後に、

覚えられていない英単語を中心に勉強していきましょう!

ねこ太郎
ねこ太郎
たしかに、英単語を勉強している時に、
覚えられている英単語を繰り返し、勉強している気がする…。
おじ。
おじ。
そうじゃろ?
でも、大事なのは「覚えられない英単語」を
どれほど繰り返し学習できるのか、なんじゃ!
POINT

「覚えられていない英単語」を中心に、何度も繰り返すことが重要!

覚えられない英単語だけは、別にまとめる!

先述では、

「覚えられている英単語」と「覚えられていない英単語」に分け、

さらに、「覚えられていない英単語」を中心に何度も繰り返す必要がある、とまとめました。

そして、さらにその勉強を実践するうえで、おススメの方法が次の2点です!

覚えられない英単語をまとめる方法

① 「英単語帳」にまとめるという方法
② 「ルーズリーフ」にまとめるという方法

おじ。
おじ。
↑↑↑この2点じゃな!

覚えられない英単語だけを、

「英単語帳」か「ルーズリーフ」にまとめておけば、

集中的に、覚えられない英単語を勉強することができるようになります!

また、それらを別にまとめておけば、

わざわざ英単語帳を開く必要がないので非常におすすめですよ!

POINT

覚えられない英単語に関しては、「英単語帳にまとめる」or「ルーズリーフにまとめる」

さいごに

英単語を勉強する時に困ってくるのが、

覚えられない英単語をどう覚えるのか?」ということです。

ここのやり方が、確立されていないといくら勉強してもあまり成果が出ません…。

そこで今回、この記事ではそれをまとめさせていただきました!

これから英単語を勉強する時の、お役に立てれば嬉しいです!

今回は以上です。

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました