効果的に仮眠を取るための具体的な方法【3選】

皆さん、こんにちは!受験博士おじ。と言います。

今回は、勉強をしている最中に眠くなった時の対処法を解説します!

この記事では、次のお悩みを解決します

・勉強をしている最中に、眠くなったらどうすればいいですか…?
・もし、仮眠をとるのであれば、注意事項はありますか?
・効率の良い仮眠方法が知りたいです!

おじ。
おじ。
勉強をしていて、眠くなったら仮眠をとるのがオススメじゃ!
そこで今回は、「効果的に仮眠を取るための具体的な方法【3選】」を徹底解説するぞぉ!
スポンサーリンク

結論:仮眠時間は20分以内、緑茶を飲もう!

勉強をしていると、必ずと言ってもよいほど眠くなりますよね…?

そのような時、あなたはどうしますか?

おそらく、人によっては、眠いのを我慢して勉強を進める方もいるかと思います。

もちろん、それはそれでよいかと思います。

しかし、【受験博士おじ。的】には、眠くなったら「仮眠をとること」を推奨しています。

理由は、眠い時に無理して勉強しても生産性が上がらないからです…(;^ω^)

ねこ太郎
ねこ太郎
たしかに、
眠い時に勉強をしても集中して勉強が出来ないもんね。
おじ。
おじ。
そうなんじゃ!
でも、仮眠の取り方も非常に重要なんじゃよ…???

そして、仮眠をとる際は、次の3点を守って取るようにしてください!

仮眠をとるときのコツ【3選】

① 寝る前に、緑茶を飲んでから寝る!
② 仮眠時間は、20分以内にする!
③ 仮眠は、ベッドでとらない!

おじ。
おじ。
↑この3点じゃな!一つずつ解説していくぞぉ!
スポンサーリンク

コツ1:寝る前に、緑茶を飲んでから寝る!

まず、仮眠をとる前に「カフェイン」を摂取するのがおすすめです!

ねこ太郎
ねこ太郎
でも、カフェインをとったら眠れなくなるんじゃない…?
おじ。
おじ。
カフェインの作用が利き始めるのは、
飲んでから「30分後」と言われているんじゃ。
だから、飲んですぐに眠れば、
眠れないということは防げるんじゃよ…??

また、「カフェイン」と聞くと、多くの人が「コーヒーなのでは?」と思いますよね。

しかし、厳密には「コーヒー」よりも「緑茶」の方が、

「カフェイン」が、多く含まれていると考えられています。

さらに、カフェインの効果がでてくるのが「30分後」くらいなので、

仮眠から目を覚ました時には、頭がさえやすくなるという特典もつきます。

POINT

寝る前に、「緑茶を飲んでおく」のがおすすめ!

コツ2:仮眠時間は、20分以内にする!

次に、仮眠時間について考えていきましょう。

この仮眠時間を誤ってしまうと、

夜眠れなくなったり、体内時計がくるってしまうことが考えられます。

そこで、推奨している仮眠時間があります。

それが、「20分以内」です。

科学的に証明されたものではありませんが、

仮眠を10~20分という短時間とるだけで、2時間分の睡眠に値すると言われています。

ねこ太郎
ねこ太郎
それなら、これからは、
睡眠時間を10~20分の間にすればいいんだ!
おじ。
おじ。
それは、違うのぉ…(;^ω^)
そうすると、筋肉の疲労は取れんし、
成長ホルモンも、上手く分泌されなくなるぞぉ?
POINT

仮眠時間を10~20分にすると、2時間分の睡眠に相当する!

コツ3:仮眠は、ベッドでとらない!

最後に、仮眠をとることのコツ3つ目が「仮眠は、ベッドでとらない!」ということです。

なぜなら、ベッドだと寝付きやすいので、

「気づいたら、朝になっていた…」ということが多にしてあるからです。

せっかく、勉強の効率を上げようとしているのに、

気づいたら朝まで眠っていて、

「勉強時間がなくなる…」となってしまっては本末転倒です。

では、仮眠はどこでとればいいのでしょうか?

それは、「」です。

よく学校の授業で、

つい寝てしまうことがあっても「ッガク!」となって、目が覚めることってありますよね?

あれを普段の勉強においても応用してほしいんですね。

ねこ太郎
ねこ太郎
わかる!授業中に、つい寝っちゃったとしても、
「ッガク!」って体が揺れて起きることがあるもんね。
おじ。
おじ。
そうじゃろ…?
あれが、爆睡しないための一つの工夫じゃな!
POINT

仮眠をとるときは、「机」で寝ましょう!

さいごに

勉強に集中できない時は、思い切って仮眠をとるのがおすすめです!

ですが、仮眠にも「(仮眠の)取り方」というものがあります。

それが、今回ご紹介した3つのことです。

ぜひ、今回ご紹介した3つのことを参考に、効率の良い仮眠を取ってくださいね!

今回は以上です。

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました